GRC 順位チェックツールの料金プラン選び方と便利な使い方

19'.12.23

GRC はSEOツールラボが提供する最も知名度の高いインストール型の検索順位チェックツールです。

GRC(Google Rank Checker:ジーアールシー)は2004年から開始されたサービスですが、アフィリエイターやブロガーの必須ツールの一つです。

この記事ではGRCの必要性、最適なプランの選び方、便利な使い方を紹介します。

検索順位チェックツールGRCのPC版とモバイル版の違いや料金プラン選びで迷った方、使い方が分からない方はぜひご覧ください。

GRC順位チェックツールの必要性

GRCの価値とは?

GRCはGoogle/Yahoo/Bingの検索順位チェックツールです。主にWindows用ですが、後ほど紹介する方法を使えばMacでも使えます。

GRC購入後に手持ちのPCへソフトをダウンロードし、複数サイトの検索順位を自動チェックし、日々の順位履歴をグラフ化できます。

オンライン上で使える無料の順位チェックツールでは「手動」かつ「一度に1サイト。1~5検索語」しか順位チェックができないため、ついつい時間を浪費しがち。

GRCを導入することで毎日、自動で検索順位チェックができます。サイト数や検索語数にもよりますが、1日あたり5~30分、年間30~180時間の検索順位チェック時間の削減が可能です。

タカ
この時間削減による効果は、時給1000円の人なら年間3~18万円分に相当します。空いた時間でペラサイト100個ぐらい作れそうですね。

GRCの主な機能

検索順位チェックツールGRCの主な機能は、

  • 自サイトの検索順位チェック(Google/Yahoo/Bing)
  • ライバルサイトの検索順位チェック(Google/Yahoo/Bing)
  • 登録できるURL数:5~無制限
  • 登録できる検索語数:500~無制限
  • 検索語ごとの1~100位サイトの順位変動チェック(上位追跡機能)
  • 検索ワード毎の検索順位の履歴表示(推移グラフ表示)
  • リモート閲覧機能(複数PC間でのデータ閲覧)

登録できるURL数や検索語数はプランによって異なります。GRCさえあれば他の順位チェックツールは不要です。

GRCを回す=サイトPDCAに役立つ

Googleアップデートの度にTwitter上で見かける「GRCを回す」は「GRCで順位チェックする」の意味です。

GRCを回せばサイトの検索順位の変動を視覚的に把握でき、順位上昇や下落の原因推測や改善に役立ちます。

例えば、サイトに修正(記事追加やリライトなど)を施した後の順位変動により、施策の良し悪しを数値的に判断できるのでサイトのPDCAに使えます。

タカ
それでは、まずはGRCのプランの違いを紹介し、その後でGRCの詳しい使い方を解説します。

 

3種類のGRCの違い

モバイル版とPC版どちらかを選ぼう

GRCは大きく分けて3種類です。

  1. GRC
  2. GRCモバイル
  3. 海外版GRC

Googleの検索エンジンでは、PC版とモバイル版で検索エンジンのロジックが異なるため、検索順位の付き方も多少違います。

PCからの訪問者を重視するならGRC、スマートフォンからの訪問者を重視するならGRCモバイルです。

両方使った経験があるので分かりますが、特定のクエリを除いて検索順位に大差はありません。迷ったらGRCかGRCモバイルのどちらか一方で良いと思います。

既にサイトがあり、サーチコンソール(通称サチコ)やGoogleアナリティクスに登録済みであれば、どちらのアクセスが多いかを判断材料に使って下さい。

①GRC

検索エンジン毎の検索順位の調査、履歴の記録を行います。軽量かつ高速な動作を実現しています。

検索エンジンGoogle、Yahoo、Bing
対応言語日本語のみ
動作環境PC(Windows or Mac)
おすすめする方サイトのアクセスの過半数がPCサイト

②GRCモバイル

Googleのスマートフォン検索に対応しました。スマホからの検索順位の調査、履歴の記録を行います。GRCとデータの共有が可能です。※PC上で動作するツールです。

検索エンジンGoogle
対応言語日本語のみ
動作環境PC(Windows or Mac)
おすすめする方サイトのアクセスの過半数がスマートフォン

GRCモバイルではGoogle検索エンジンのみ対応です。YahooはGoogle検索エンジン使い、日本のBingシェアは約7%(2018年時点)程度なので、Googleだけで十分ですね。

また、年々スマートフォンのアクセス比率が増えています。ジャンルにもよりますが、一般的な物販アフィリエイトならGRCモバイルを選ぶと良いかもしれません。

参考:PCとスマホのアクセス比率(SimilarWeb記事)

③海外版GRC

世界各地・多用な言語でのGoogle検索順位を取得します。

検索エンジンGoogle(各国)
対応言語世界59言語
動作環境PC(Windows or Mac)
おすすめする方外国語サイトを所有または作成予定の方

海外版GRCは、日本語向けサイトを作る場合は不要なプランです。

2つ使い or 1つ?

結論、GRCとGRCモバイルの2つ使いが最強ですが、それを使うに値するかどうかは見極めて下さい。報酬アップに繋がらないツールへの投資は、1円たりともムダですから。

タカ
僕は2012~2017年は「GRC」を使い、2018年は「GRC」と「GRCモバイル」併用、2019年は「GRCモバイル」のみ使用中です。

 

GRCのプランは5種類

GRCには5つの有料プランがあります。全て年契約で月額プランはありません。

プラン年額URL数検索語数上位追跡リモート閲覧CSV自動保存
ベーシック4,500円55005--
スタンダード9,000円505,00050利用可-
エキスパート13,500円50050,000500利用可-
プロ18,000円5000500,0005,000利用可-
アルティメット22,500円無制限無制限無制限利用可利用可
  • 料金は全て税抜
  • 3種類のGRCで共通プラン(別料金)
  • 上位追跡:指定の検索語で検索したときの上位サイト全ての順位履歴と、日々の検索順位の揺れの大きさを調査する項目
  • リモート閲覧:GRCを複数のPCで使用している場合に、他のGRCのデータを閲覧できる機能
  • CSV自動保存:順位チェック完了時、項目一覧CSVファイルを自動的に保存する機能

登録できるURL数や検索語数が増えるほど料金が高くなります。

プラン選びの目安は次を参考にして下さい。

ポイント

  • ブログや中・大規模サイトの方はベーシック or スタンダード
  • ペラサイトやミニサイトを量産する方はエキスパート or プロ

無料プランは「登録URL:3」「検索語数:10」と非常に少ないので、GRC購入前の確認用という位置付けですね。

タカ
では、次に5種類のプランの具体的な選び方の手順を紹介します。

 

GRCプランの具体的な選び方

GRCのプランを選ぶ際にはサイト数、検索語数を見積る必要があります。下記手順に従って選んでみて下さい。

  1. 年間の作成サイト数を決める
  2. 年間の検索語数を決める
  3. ①②を元にプランを決める
  4. 翌年以降のプランの決め方

 

①年間の作成サイト数を決める

例えば次のような感じでサイト数(URL数)を見積もって下さい。

  • ペラサイトを1日1サイトペースで週1日休みで作り続ける場合、年間で約300サイト
  • 3日に1サイト作る場合は、年間で約100サイト
  • 1つのサイトまたはブログをずっと記事追加していく場合は年間で1サイト
タカ
どれか一つではなく、色んな規模感のサイトの組み合わせになる人も多いと思います。僕もその一人です。

②年間の検索語数を決める

次に1サイトあたりにチェックしたい検索語数を決めて下さい。

例えば、サジェストキーワードツールのkeyword Tool.ioに狙うキーワードを入力します。

ライザップの場合、648件出て来ます。これを全部含めるか、それとも厳選するかを決めます。

全部の複合キーワードを入れると料金プランが際限なく上がるので、月間検索数が10以上など独自ルール設けると良いです。下記は目安の数字です。

  • ペラサイト(1記事)は1~3語
  • ミニサイト(~30記事)は1~30語
  • 30記事以上のサイトは30~200語

登録する検索語数が多すぎても把握しずらいですし、順位チェックに時間がかかり、料金プランも上がります。

最初は報酬発生に直結しそうなワードを中心にある程度厳選した方が良いです。検索語は後からでも追加可能。

③ ①&②を元にプランを決める

①「年間の作成サイト数」および②「年間の検索語数」とGRCプランを比較します。

先ほど紹介した選び方の場合、ほとんどの方はサイト数でプランが決まると思います。

プラン年額URL数検索語数上位追跡リモート閲覧CSV自動保存
ベーシック4,500円55005--
スタンダード9,000円505,00050利用可-
エキスパート13,500円50050,000500利用可-
プロ18,000円5000500,0005,000利用可-
アルティメット22,500円無制限無制限無制限利用可利用可

サイト数や検索語数は当初計画より増減するので、余裕を持たせつつ、最低限のプランを選ぶことをオススメします。

タカ
僕は2019年12月時点でエキスパートを使用中。(毎日5~10サイトのペースで量産した年は「プロ」を使用)2020年はおそらくプロになりそうです。

 

プラン変更の注意点

プランは全て1年契約ですが、途中でプラン変更する場合はプラン間の差額ではなく、別途プラン料金が必要です。

例えば、スタンダード(9,000円/年)で契約し、途中でエキスパート(13,500円/年)に変更する場合は22,500円です。

ちなみに、僕は過去にプラン選びを失敗して、プラン変更により倍近くの料金がかかったので注意して下さい。プランのサイト数や検索語数は余裕持たせるのが大事ですね。

④翌年以降のプランの決め方

2年目以降は継続的に報酬発生するドメインを更新するので、URL数や検索語数が積み上がるイメージです。

GRC更新のタイミングでの所有サイト数(URLと検索語数)と、今後1年間で作るサイト数の両方を考慮して決めてください。

「1年経っても稼げない」「ドメイン切れ」のサイトは随時GRCから一旦消した方が見やすく、プラン選びもスムーズに進みます。

検索順位チェックツールならGRC

今すぐプランを確認する

無料ダウンロードでお試しもできます

 

GRCの使い方

GRCの基本的な使い方は簡単です。初めて使用する方は、次の手順で進めて下さい。

  1. サイトと検索語を登録する
  2. 各種設定をする
  3. 検索順位をチェックする
  4. メモ機能を活用する

ここではGRCモバイルの使い方を紹介します。GRC、GRCモバイル、GRC-Wで細かな操作内容は異なりますが、8割方同じです。

 

①サイトと検索語を登録する

サイトと検索語を登録する方法は手動と半自動(CSVファイルのインポート)の2通りです。

ほとんどの場合は「手動」で十分ですが、一度に登録するサイト数が多い場合は「CSVファイルのインポート」が時短に役立つので適宜使い分けて下さい。

また、CSVインポートを使えば、登録済みの検索語に対して月間検索数の反映もできます。詳しくは下記参照。

1.手動登録方法

手動登録方法

まずGRCを立ち上げたら「メニュー」➝「編集」➝「項目新規追加」から最初のキーワードを登録しましょう。

GRC項目追加の事例

新規ウィンドウが立ち上がるのでサイトの情報を入力して下さい。

  • サイト名:日本語、英語どちらでも良いです。
  • URL:調査したいサイトURLを入力します。「https://◯◯◯.***/」の形式です。ここで、「www.」の有無、「http」か「https」などサイトに応じて変えて下さい。サイトのURLをコピペすれば良いです。
  • 検索語:1行に1つづつ入力して下さい。複数登録が可能です。2語、3語の場合は検索語の間にスペース(半角 or 全角)を入れます。例えば「アフィリエイト ずらし キーワード」という感じ。

無料プランの場合は上限(3サイト、10検索語)を超えないように設定して下さい。

2.CSVファイルのインポート登録方法

CSVファイルのインポート登録方法

まず、CSVファイルで登録したいサイト情報を作成します。エクセルやGoogleスプレッドシート等で表を作り、別名保存(CSVファイル)すればOKです。

A列にサイト名、B列にURL、C列に検索語という感じで1行目から間を空けずに入力します。

月間検索数も含めたい方は、例えばD列に入力しておいて下さい。(キーワードプランナーで一括ダウンロードがおすすめ)

次にGRCで「メニュー」➝「ファイル」➝「CSVファイルのインポート」をクリックします。

CSVファイルのインポート登録の例

CSVファイルの登録手順

  1. インポートするファイルの「参照」ボタンから、先ほど作成したCSVファイルを選択して下さい。
  2. インポート目的を次の4種類から選びます。通常は「新規項目の追加」がベストです。全情報を含むので。(「2.インポート目的」を変えると「3.データの位置」も項目が変わります。)
  3. データの位置を適宜選んで下さい。先ほど作ったCSVファイルと「サイト名」「URL」「検索語」「月間検索数」などの調整を行います。
  4. 1~3まで実施したらデータが正しく配置されていることを確認します。
  5. 良ければ下の「インポート実行」ボタンをクリックすればGRCに一括登録されます。

「インポート目的」の解説

  • 新規項目の追加:サイト名、URL、検索語、月間検索数などをインポートする場合に選びます。
  • 既存項目の情報を上書き:インポートして既存情報があれば上書きされます。
  • 月間検索数のインポート:既に登録済みの検索語に対して月間検索数の反映が可能です。
  • 項目を選択:サイト名、URL、検索語しか登録ができません。

月間検索数のインポート方法

ちなみに、月間検索数を後から一括でインポートしたい場合は、下記手順で実施して下さい。

  1. 「メニュー」➝「ファイル」➝「項目一覧CSVファイル保存」から全データをCSVファイルに保存する
  2. 全てのキーワードをGoogleキーワードプランナーに貼り付けて、月間検索数をCSVファイルでダウンロードする。
  3. GRCの「月間検索数のインポート」を選んで実行します。

②各種設定をする

次に、検索順位をチェックする前に各種設定をしましょう。ここではGRCの主な設定項目を紹介します。

1.検索設定

検索設定

「メニュー」➝「検索設定」➝「順位チェック対象検索エンジン」➝「Google(スマートフォン)(G)」を選んで下さい。

ちなみに、フィーチャーフォンは普通の携帯電話(ガラケー)を指します。2019年時点でガラケーユーザーはのでチェック不要です。

順位チェック範囲は「100位まで」を選びましょう。

また、「URLのwww.の有無を無視」「URLのhttpとhttpsの違いを無視」にチェックを入れておいて下さい。

これらの機能は、サイトのURLが途中で変わっても、項目データを変更すること無く、引き続き順位チェックを行うことができます。

処理速度は「標準設定」に設定して下さい。もし検索順位が取得できない場合は、処理速度を下げて実行してみて下さい。

処理件数の設定は「制限しない」にチェックを入れて下さい。

チェック時間短縮は、サイト数が増えてきて順位チェックに時間がかかる場合やに見直して下さい。

基本は「毎日チェック」で良いです。

2.実行の設定

実行の設定

「メニュー」➝「実行」の中で設定すべき項目は、下から3つです。GRC起動➝実行➝PCシャットダウンがめんどくさい人は設定して下さい。

「起動時に順位チェック実行」と「指定時刻に順位チェック実行」は両方設定しておくと便利です。

もし、寝る前にGRC回す場合などは「自動シャットダウン」も設定しましょう。

起動時に順位チェック実行

起動時に順位チェック実行:クリックするとGRCモバイル起動時に順位チェックを開始するかどうかと順位チェック実行までの待機時間の設定ができます。

指定時刻に順位チェック実行

指定時刻に順位チェック実行:指定時刻になったら順位チェックするかどうか決めれます。曜日指定も可能。ただし、PCスリープやスタンバイ状態だと動作せず、PCとGRCを立ち上げておく必要があります。

自動シャットダウン

自動シャットダウンはGRC実行後に自動的にPCの電源を切る機能です。登録サイト数が多く、順位チェックに時間がかかる場合は、夜中に実行&自動シャットダウンを設定がおすすめです。

設定項目は他にもたくさんあります。分からなくなったら、使いながら慣れるか、GRC公式サイトの「操作ガイド」などを参考にしてください。

③検索順位をチェックする

GRCの画面左上の四角いアイコン(GRC)をクリックするか、F5キーを押せば全サイトの順位チェックが開始されます。

特定のサイトや検索語だけチェックしたい場合や、再チェックしたい場合は、選択状態(青色)で右クリック、選択項目の順位チェックをクリックして下さい。

パソコン立ち上げ時にGRC起動させ、自動チェック開始する方法もあります。「②各種設定をする」の「実行の設定」のタブを確認して下さい。

タカ
以上でGRCの基本的な使い方の解説は終わりです。ここからは、おすすめの設定を紹介します。

 

GRCのおすすめの設定

グループ分け設定

サイトや検索語の数が多くなると、GRCは見にくくなります。目当てのサイトを探すのに時間がかかったりします。

そこで、グループを作って登録しておけばサイトの順位チェックしやすくなりますし、利便性も上がります。

おすすめのグループ分けの一例は、

  • サイトごとにグループ分けする
  • ジャンルごとに分ける
  • ペラサイトを1つのグループに入れる
  • 上位追跡を1つのグループに入れる

また、ペラサイトは1サイト1グループは多すぎるので、ペラサイトというグループを作って入れておきましょう。

表示項目や順番を変更する

メニューの「サイト名」「URL」「検索語」などの上で右クリックすると、メニューの表示項目を変更できます。

おすすめは、左から「サイト名」「URL」「検索語」「Google(スマートフォン)」「Google(スマートフォン)変化」「Google(スマートフォン)URL」「登録日」「チェック日」「月間検索数」「ステータス」です。

他にも追加設定はできますが、自分の好みに合った配置にカスタマイズしてみましょう。

メモ機能

GRCのメモ機能は、サイトに施した修正内容をテキスト形式で保存でき、効果検証に活用できる機能です。

メモ機能は3種類あります。(3つとも「メニュー」「編集」からメモ入力可能。①と②はURL・検索語一覧を右クリックからメモできます)

  1. 項目メモ
  2. サイトメモ
  3. 共通メモ

①項目メモ

項目リスト上に表示することができるメモです。

項目メモの登録手順

  1. [表示]-[項目検索] を選びます。
  2. 「検索する文字列」で、検索したい文字列を入力します。
  3. 「検索対象」の「項目メモ」または「サイトメモ」にチェックを付けます。その他はチェックを外します。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。

出典:GRC公式サイト

②サイトメモ

サイトごとに記録するメモです。同じURLのサイト内でメモが共有されます。

サイトメモの登録手順

  1. メモを残したいURLの項目を選択します。
  2. [編集]-[サイトメモ閲覧/編集] を選びます。
  3. メモ画面の上部のタブで、「サイトメモ」「サイトメモ2」「サイトメモ3」の3つからメモの保存場所を選択します。
  4. 自由に文章を入力します。
  5. 「OK」ボタンをクリックします。

出典:GRC公式サイト

③共通メモ

全ての項目に共通の情報を記録するのに適しています。

例えば、アップデートの情報などを日付入りで入れておけば、いつ何が起こったか把握できます。

共通メモの登録手順

  1. [編集]-[共通メモ閲覧/編集] を選びます。
  2. メモ画面の上部のタブで、「共通メモ」「共通メモ2」「共通メモ3」の3つからメモの保存場所を選択します
  3. 自由に文章を入力します。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。

出典:GRC公式サイト

GRCのショートカット一覧

下記にGRCの便利なショートカットを紹介します。

実行内容ショートカットキー
順位チェック実行F5
表示項目のみ順位チェックShift+F5
選択項目のみ順位チェックCtrl+F5
順位チェック停止Esc
項目新規追加Insert
項目複製追加Shift+Insert

また、ショートカットキーは追加登録できます。設定したい場合は、「メニュー」「オプション」「ショートカットキーのカスタマイズ」から設定してみて下さい。

タカ
F5とInsertを覚えるだけでも結構便利です。

 

まとめ

GRCはスマホが本格普及する前の2004年からサービス開始した、とても歴史の長い検索順位チェックツールです。

昔から多くのアフィリエイターに愛され、今後も順位チェックツールと言えばGRCという位置付けは変わらないと思います。

今回、GRCについてまだまだお伝えしたい内容があるのですが、時間の兼ね合い上ここまでとなりました。この記事は不定期に追記修正していきます。

まだGRCを使ったことが無い方、下記の公式サイトから無料版をダウンロード可能です。期限も無いので、とりあえず使ってみて感覚を確かめてみて下さい。

検索順位チェックツールならGRC

今すぐプランを確認する

無料ダウンロードでお試しもできます

アフィリラブのLINE@では、商標ミニサイト作成講座(PDF48枚)を無料プレゼント中です。

非公開の有益情報を配信していきますので、ぜひお試し下さい。

↓↓↓↓↓↓

\SNSシェアもよろしくお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アフィリラブ

副業アフィリ歴7年&ブログ歴3年 / 月7桁達成 / 2019年から専業 / LINEオープンチャット「アフィリラブの部屋」開設(参加者400名突破) / 自己投資で借金300万円以上→2012年アフィリ開始→借金完済 / 100kmラン12h完走

アフィリラブTwitter アフィリラブInstagram アフィリラブFacebook

おすすめ記事

1

IR-SEO は令和時代に生き残る『2019年最新 今やるべき 王道のSEO対策 理論』のWebセミナー動画です。 2019年3月、5~6月初旬にかけて起こったGoogleアップデートにより、報酬やア ...

2

target="_blank" (ターゲットブランク)はリンクタグの「属性」の一種で、ブログやアフィリエイト初心者は知らない方も多いかと思います。 最近、アフィリエイターやブロガーの間でいわゆる「ta ...

3

xyzドメイン をご存知でしょうか?ご存じの方は格安ドメインの認識があると思います。 .xyzは最安ドメインの一つですが、良い印象を持たれないケースが多いですね。 しかし、ペラサイト量産するなら断然. ...

-ツール

Copyright© アフィリラブ , 2020 All Rights Reserved.